青森県藤崎町でりんご、ふじりんご、その他沢山の種類のりんごの栽培、販売をしております。新鮮で安心なりんごを真心込めて全国どこへでもお届け致します。りんごは美容にも良く大変人気です。
落ちないりんごの商品をご紹介。新鮮なりんごが豊富です。 落ちないりんごの商品をご紹介。新鮮な早生ふじ、ふじ、つがる、王林、りんごが豊富です。 落ちないりんごのメンバーをご紹介。皆さんの作るりんごは青森でも有名です。 落ちないりんごの台風記録をご紹介。青森りんごの台風被害の報告や台風のりんご対策などをご紹介しております。 りんごの質問、疑問をまとめました。新鮮なりんごについて色々お答します。 りんごの豆知識をご紹介。りんごについて色々な知識を覚えよりおいしくりんごお召し上がりください。 落ちないりんごの商品をご購入するさいの注文方法をまとめました。ショッピングカート注文、電話注文、FAX注文がございます。
 
         
ショッピングカートよりりんごの注文が可能となります。
 
・ショッピング商品一覧
・注文方法
・特定商取引法
・プライバシーポリシー
・商品発送について
・支払方法
・会社概要
・リンク集
・お問合わせ
 
有限会社落ちないりんごの店舗概要をご紹介しております。
 
藤の国から
(有)落ちないりんご
〒038-3802
青森県南津軽郡藤崎町
大字藤崎豊岡22-3
TEL:0172-75-3522
FAX:0172-75-6118
青森県南津軽郡藤崎町藤崎豊岡22-3
 
 
有限会社落ちないりんごのりんごに関しての質問、疑問にお答えしております。
  りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。  
   
■ ふじの由来
日本一の生産高を誇る”ふじ”は果肉が硬く引き締まり、果汁は微酸で甘味の強いことが特徴です。 ”ふじ”のルーツは名前にも象徴される藤崎町にあり、誕生の背景を探ると、人々がかたむけた情熱や、弛みない町の努力が浮き彫りにされてきます。昭和12年6月、町議会は懸案とされていた園芸試験場について”誘致の意志”を公式に採り上げ、同年の8月には、設置に要する寄付金の起債を決議。
翌13年には、藤崎町下袋に農林省園芸試験場東北支場の誘致を実現化しました。寄付金は、当時町の年間予算の三年分にも相当し、借入金によって賄われたものです。試験場では、町をあげての支援と期待に応えるように,昭和14年からりんごの新品種の開発に着手し、開始から3年の間に一三、七七五本の実生で、交配組み合わせ四十二、育成個体四、六五六本を生み出しました。
これらの実生は昭和22年から実をつけ始め、この年、東北1号から6号までを選抜。さらに、4年後の昭和26年から初めて実をつけ始め慎重な検討を重ねた末、昭和33年東北7号として発表したのが”ふじ”です。
”ふじ”は、昭和37年3月の「全国りんご協議会名称選考会」にて正式に命名、同年四月に「りんご農林1号」として品種登録され、一躍脚光を浴びました。
新品種の開発に関しては、実生のなかから果実の形や色、味など優秀なものを選抜し、さらに栽培方法の簡易さ、病害虫への抵抗力、貯蔵性とあらゆる面から調査・研究が進められています。
”ふじ”もこうした課程を踏んで、交配から品種登録まで23年という月日を要しましたが、優れた品種として認められる確率は数千分、数万分の一の希少価値であり、長い労苦の道程が、輝かしい品種を世に送り出したのです。
その後、りんご界の基幹品種にまで昇りつめた”ふじ”を生んだ試験場は、盛岡市の試験場と統合され、24年間にわたる歴史に終止符を打ち、昭和37年に閉場しました。現在、藤崎町下袋の”ふじ”の故郷は、弘前大学農学部付属農場藤崎農場として、りんごや各種園芸の試験や研究が熱心に行われています。
■ ホシ
収穫時以降、主にりんごの下半分に見えてくる斑点で、「星」に見立てているらしい。(原因は、カルシウム不足)ホシの出る条件・・7月から8月にかけて干ばつが続き、その後大雨が降る。(8月以前に吸収するカルシウムの量が少なく、それが、果実肥大で更に薄くなる。)
Copyright(C) 2008-2014. ochinairingo.com All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。