青森県藤崎町でりんご、ふじりんご、その他沢山の種類のりんごの栽培、販売をしております。新鮮で安心なりんごを真心込めて全国どこへでもお届け致します。りんごは美容にも良く大変人気です。
落ちないりんごの商品をご紹介。新鮮なりんごが豊富です。 落ちないりんごの商品をご紹介。新鮮な早生ふじ、ふじ、つがる、王林、りんごが豊富です。 落ちないりんごのメンバーをご紹介。皆さんの作るりんごは青森でも有名です。 落ちないりんごの台風記録をご紹介。青森りんごの台風被害の報告や台風のりんご対策などをご紹介しております。 りんごの質問、疑問をまとめました。新鮮なりんごについて色々お答します。 りんごの豆知識をご紹介。りんごについて色々な知識を覚えよりおいしくりんごお召し上がりください。 落ちないりんごの商品をご購入するさいの注文方法をまとめました。ショッピングカート注文、電話注文、FAX注文がございます。
 
         
ショッピングカートよりりんごの注文が可能となります。
 
・ショッピング商品一覧
・注文方法
・特定商取引法
・プライバシーポリシー
・商品発送について
・支払方法
・会社概要
・リンク集
・お問合わせ
 
有限会社落ちないりんごの店舗概要をご紹介しております。
 
藤の国から
(有)落ちないりんご
〒038-3802
青森県南津軽郡藤崎町
大字藤崎豊岡22-3
TEL:0172-75-3522
FAX:0172-75-6118
青森県南津軽郡藤崎町藤崎豊岡22-3
 
 
有限会社落ちないりんごのりんごに関しての質問、疑問にお答えしております。
  りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。 りんごの豆知識をまとめてご紹介。  
   
     
  ■ 着色 (ちゃくしょく)
 
 

着色は、「光」と「気温」と「熟度」の三つの組み合わせで決まります。
「光」には、紫外線、可視光、赤外線とありますが、着色に一番影響するのが、「紫外線」です。品種による紫外線への依存度を見ると、まず絶対にこれを必要とするのが、「陸奥」。次に着色を促進されるのが、ふじ、ジョナゴールド、北斗です。紫外線を全く必要としない、スターキング、ゴールデンデリシャス、レッドデリシャスなどの品種もあります。これらは、赤色光(可視光)だけでも色が付くとのこと。
着色効果のもっとも高い光加減の割合は、「紫外線3+赤外線1」であり、複合相乗効果で一番いい結果がでるそうです。また、可視光(葉に吸収される波長)も結構大事で、葉摘みが早すぎると葉から果実へのソルビトールの流れ込みが少なくなり、果実の肥大、糖度、そしてアントシアニン生成にも悪影響がでます。(色が付かない)

「気温」については、一般に「昼夜の寒暖の気温隔差が必要だ。」といわれているが、実は全く関係なく、昼も夜も15度前後(プラスマイナス5度)で一定する方が良いそうです。現実には、15度前後で一定するはずはないが、「気温が20度より下がる」という事実が必要となります。

「熟度」ですが、りんごの成熟が進むにつれ、着色の適温は高くなる事が知られています。

 
   
  ■ つる割れ  
  りんごは、7月までは果実の細胞の数が増え、以降は水分で細胞が膨らむことで、果実が肥大する。
高温や長雨など7月までの天候不順があると、果実の細胞の数が少なく、水分だけで果実が肥大し、つる割れが起こる。他に、8月以降の長雨による果実の肥大に、果皮の展張が間に合わず破れるとの説もあります。
 
Copyright(C) 2008-2014. ochinairingo.com All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。